少し出費が増えてしまう

使用する薬剤に注意しよう

LEDライトを使う時は、まず専用の器具に薬剤を塗り、口にくわえてください。
一定時間が経過したら口をゆすぎ、ブラッシングすると歯の汚れを落とせます。
様々な価格のLEDライトが売られており、安いものだと5000円ほどで買えます。
高いと80000円ぐらいの料金になるので、他のホワイトニングのアイテムに比べて出費が増えると忘れないでください。

使い方を間違えると口内にトラブルが起こるので、簡単な操作でホワイトニングができるLEDライトを選びましょう。
また薬剤に、二酸化チタンを使っている製品は気を付けてください。
二酸化チタンは強力な成分で、日本では認可されていません。
口内に異変が起こらないよう、最初は控えめに使うのが良い方法です。

ネットの口コミサイト

どのLEDライトが良いのか迷ったら、口コミやレビューを見てください。
それらには、LEDライトを買って実際にセルフホワイトニングをしたことがある人が感想を記載しています。
するとどのくらいの効果があるのか、また使いやすいのかわかります。
サイトを見ただけではわからないことを把握できるので、気になったLEDライトがあれば必ず口コミやレビューをチェックしましょう。

サイトの説明では良いと思ったけれど、感想を聞くとあまりホワイトニングの効果を得られなかったという製品があるかもしれません。
人気が高く、口コミでも高評価が多いLEDライトがおすすめです。
歯を綺麗にすることはもちろんですが、安全性が高いことも考慮して買いましょう。